1. >
  2. >
  3. 派遣薬剤師のメリットとデメリットを紹介

派遣薬剤師のメリットとデメリットを紹介

薬剤師

薬剤師のキャリアを積む上で、派遣という働き方が選択肢の一つとして注目されています。しかし、派遣薬剤師として働くことにはメリットだけでなく、デメリットもあります。ここでは、派遣薬剤師の働き方のデメリットとメリットについて詳しく見ていきましょう。

派遣薬剤師として働くメリット

派遣薬剤師として働くことには、多くのメリットがあります。
まず、時給が高いことが挙げられます。一般的に、正社員やパートよりも高い時給を得ることができる場合があり、時給が20%以上高いことも珍しくありません。派遣薬剤師は自分のスケジュールを管理しやすく、柔軟な働き方が可能です。自分の都合に合わせて勤務日や時間を選択できるため、ワークライフバランスを保ちやすいです。
また、派遣薬剤師は即戦力として期待されることが多く、短期間でも成果を出しやすい環境が提供されます。職場の人間関係のトラブルに巻き込まれるリスクが低いため、ストレスを減らして働くことができます。異なる医療機関や薬局で働く機会が多いため、幅広い経験を積むことができ、キャリアの幅も広がります。
他にも派遣薬剤師の中には、住居が提供される求人もあり、遠方の病院での勤務の際に便利です。これらのメリットを活かして、派遣薬剤師としてのキャリアを築いていくことができるでしょう。

派遣薬剤師の働き方のデメリット

派遣薬剤師として働く場合、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。
期間限定の契約であるため、同じ職場での長期間の勤務が難しいでしょう。例えば、ある病院で1か月間勤務した後、次の契約先が別の病院となる可能性があります。
派遣は常に次の仕事先を探さなければならないため、次の職場が見つけるまでの間に空白期間が生じることもあります。これにより、次の職場探しに苦労することも。また、一時的に働くことが多いため、職場の同僚や上司との関係を深める時間が限られ、人間関係を築きにくいという問題もあります。派遣会社からの指示に従って特定の医療機関での業務に従事するため、仕事内容が限定されることもあります。一時的な労働者として働くため、長期的なキャリアの発展には向かない側面も。定期的に仕事先が変わるため、専門性やスキルを深める時間が限られることを考慮しておきましょう。

これらのデメリットも派遣薬剤師の強みに変えることができます。派遣では様々な職場で働くことができるため、経験を積み重ねることで幅広いスキルを身につけることができるでしょう。異なる職場での経験を通じて、柔軟性や適応力、コミュニケーション能力など、キャリアアップに必要なスキルを磨くことも可能です。

つまり、派遣薬剤師としての働き方は、一見デメリットとして捉えられる要素も、適切に活用することでメリットに変えることができるのです。様々な経験を積み重ねながら、自己成長やキャリアの発展を目指す上で有益な選択肢を広げていきましょう。
薬剤師の派遣・転職はファーマリンクがオススメです